非常食はどこなら安く買える?

みなさんは、避難所と聞いてどのようなイメージがありますか? 災害などが起きた場合に、自宅では危険だから避難しなければならなくなることってありますよね。
自治体などが、主導して避難所を作ります。
一般的には、公共の施設が避難所として、よく利用されています。
学校の体育館やホールなど、震災に対して、十分な強度を持つ施設を緊急処置として使うからですね。
正式には、避難勧告が発令された時にあらかじめ指定されている施設になるのです。
種類は、3種類あるのです。
一時避難所は、短期的な避難を目的にしているのです。
これが、「一時避難所」になります。
地元の町内会などが、これを指定します。
それから、広域避難所は地震や津波などで、大規模な避難をしなければならない時に指定されるものに学校や公園などが指定されていますよね。
それから、収容避難所は、住宅などを失った人が、当面の間生活するための施設になります。
救助が必要な住民が生活するので、そのための設備を持っていなければいけないのです。
各自治体が、指定するものになります。
学校や会館など電気、ガス、水道などのライフラインを持っている場所が、指定されることになっています。
いずれにしても、避難している人たちにとっては、一時的な場所に過ぎないのです。
日常生活を長期に渡って日常生活を続けていくための施設ではないので、不自由な生活を強いられることになるのです。