住宅ローン借り換えでお得になるのは?

ネット広告等で住宅ローン借り換えをするとお得になると良く宣伝していますが、すべての住宅ローンが借り換えでお得になるわけではありません。
現在支払いを続けている住宅ローンよりも金利が低ければ、借り換えたほうが良いと安易に考えて手続きをすると、手数料や税金の問題等で結果的に損をしてしまう可能性があるのです。
住宅ローン借り換えでお得になる条件の目安としては、住宅ローンの返済期間の残が10年以上残っていること、今支払っている住宅ローンの金利と借り換え予定先の住宅ローンの金利の差が1%以上あること、住宅ローンの返済金額が総額1000万円以上あること、という三点になります。
住宅ローンの借り換えを検討する場合には、これらの点を踏まえたうえで慎重に借り換え先を探すようにしましょう。