リフォームローンの金利が安い理由とは?

リフォームローンの金利は一般的に住宅ローンより高めです。
担保がないため利率が上がるのです。
大型のリフォームローンであれば担保提供が必要な場面もあり得ますが、実際には住宅ローンの担保設定がされているため担保をつけることができないことが多いです。
しかし目的のあるローンなので銀行もある程度安心して貸すことが可能です。
銀行の融資は借り手の信用で対応が変わりますが、同時に使途でも変わります。
カードローンのような無担保融資は銀行も警戒して金利は高くなりがちです。
しかし無担保でも目的ローンであれば資金の送金先も本人口座ではなくて工務店などになりますから使途をごまかされる心配もありません。
そのためカードローンほどの高い金利にはなりません。
三菱東京UFJ銀行カードローン水商売で審査に通るには?【難易度は?】