カードローン審査に落ちる理由と勤続年数の関係

カードローンの審査では、申し込みをした人の収入などの返済能力、他の会社のカードローンやキャッシングの利用状況といった信用情報の2つを特に入念に審査されます。
基本的に、安定した収入があり、過去に返済遅れや延滞といったことが無ければ審査に落ちることはあまり無いのですが、銀行のカードローンは審査が厳しく、なかなか通らないという口コミなどもよく目にします。
確かに、消費者金融に比べて銀行の方がやや審査が通りにくい傾向があります。
審査に落ちる理由として多いのは、勤続年数の短さです。
転職後や独立後は何かと物入りになることも多く、そのタイミングで申し込みを行う人はたくさんいますが、勤続年数が短い、その仕事を始めて日が浅いとなると、審査は通りにくくなります。
会社勤めでしたら、勤続半年程度ですと落されてしまうことが多く、1年経過で半々といったところです。
銀行によって微妙に違ってきますので、実際にその銀行に申し込みをした人の体験談などをチェックすると参考になります。
みずほ銀行カードローンは自営業でも借りれる?審査はどう?