フラット35金利とマンションの基準

フラット35の融資を受けるためには、住宅金融支援機構の独自に定めた断熱などの技術基準に合格している証明をいけていなければなりません。
通常は融資利用者が検査機関に適合検査申し込んで検査機関から適合証明書を発行してもらうのですが、「フラット35登録マンション」はあらかじめ技術基準に関する適合検査をマンション全体で受けているので、入居予定者もしくは事業者が行う適合検査の手続きが簡略化されるマンションです。
つまり、事業者がマンション全体について「フラット35」の技術基準の適合証明書を取得することを予定して、あらかじめ住宅金融支援機構に登録してるマンションということです。
適合検査が早く済むということは、申し込んでから承認されるまでの時間が短縮されるので、金利が上がる前に融資が受けられそうですね。